★上級救命技能を受講しました★

スポーツ学科1年生は杉並消防署で上級救命技能の講習を受講してきました。午前中に心肺蘇生、AEDを用いた技術を学びました。

「早く、強く、絶え間なく」を念頭に胸骨圧迫は確実に!

AEDも使って一連の流れを練習

胸骨圧迫、人工呼吸と基本的な動作はスムーズにできてますが、それを連携したり、ケースを想定して行うと一瞬戸惑ったりします。いい意味で練習でよかったと思ってます。

ここまでのまとめで、”休み時間に友達が倒れた”という設定で代表者達が模範演技

小児や乳児へのやり方も教わりました

乳児の心肺蘇生は指2本で圧迫します。成人よりデリケートに!午後は止血法、搬送法、回復体位の仕方を学びました。三角巾は古くからある万能型の包帯材料です。

傷病者の保温法も学びました。やさしく包むことが大事

毛布の次にアルミックシートを体験。この表情からもわかるように中は暑いです

二人で行う搬送方法や毛布を使っての搬送法などをやりました

搬送中も「元気を出して」と励まします

三角巾も練習。これはおでこを怪我した場合の巻き方です

キュータ君と一枚。皆さんお疲れ様でした!!

救命に関する知識を得ようと学生も必死に習得していました。こんな現場は発生して欲しくないですが、毎日のようにどこかでおきているのが現実です。いざという時にできるようにしておきたいです。内容の濃い講習でした。