★bjリーグ ファイナルズ2012-2013★

~スポーツ学科~

今年も、「bjリーグ ファイナルズ2011-2012」の運営実習を行いました。有明コロシアムで行われたこの試合、スタッフTシャツを身にまとい、裏方に徹してきました。

受付後、全員が集合してのミーティング、多くのボランティアスタッフが集まりました

その後各担当に別れて、細かい打ち合わせが行われました

「bjリーグ」とは、日本プロバスケットボールリーグのことです。この日はシーズン優勝を決める日です。この運営を毎年日本スクールのスポーツ学科がお手伝いしています。

入場時に配布する荷物を運搬してきました。”お疲れ~”

休憩時にもこの余裕、体力は有り余っています

会場設営、チケットもぎり、場内外の案内、チェッカー、配布物の袋詰め等々、bjリーグを影で支える仕事をしてきました。

いよいよお客様の入場開始。ミスは許されません

指定席専用入り口で、お客様のご案内

2年生は昨年の仕事で慣れているので段取りや流れがつかめている感じでした。1年生は2年生の後姿を見ていろいろと勉強してました。

こちらはコートサイドで関係者以外の入場を差し止める重要な警備中です

VIPルーム担当はスーツでビシッと決めてお客様に接します

優勝が決まった瞬間、両サイドから大量の紙ふぶきが噴出。素晴らしい演出です

表彰式後は後片付け。来たときよりも美しくしよう!

観客席の掃除や→(次の写真へ)

道具の片づけをしっかり行いました

毎年多くの感動を残してくれるbjリーグですが、多くのお客様が安心してこれる環境を作るのも私たちスタッフの仕事です。丁寧な誘導やごみの処理もしっかりこなすことが大事です。