★クライムDB導入★

スポーツ学科では高性能身体成分分析装置「InBody」による定期的なフィジカルデータ取得や選手管理システムのクライムDBを使いトレーニングデータ管理を行っています。
今回データアナリストの先生に来ていただきクライムDBの専門的な使い方など指導していただきました。

食事やトレーニング、睡眠など様々な選手管理ができる「クライムDB」の講義開始です

現在のスポーツ学ではデータが必須となっており確実に身に付けたいスキルでもあります


パソコンから自分のトレーニングメニューや仲間のトレーニングメニュー作成することができます

データを使い、自分のトレーニングの質を向上させることもできます


トレーニングは計画的に行わなければ効率が悪く意味のないトレーニングになってしまいます。
トレーニング技術だけではなく目標を立て計画する能力も身に付けていきましょう!